8月18日、ジャニーズJr.ユニット「HiHi Jets」が東京・六本木ヒルズにてコンサート『サマステ2019「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」』を公演したのだが、その中での発言が、現在ファン内外で問題視されている。

 問題となっている発言をしたのは、同ユニットメンバーの猪狩蒼弥だ。猪狩は同日の夜公演中に、会場に集まったファンに向けて「みんな帰ったら日本破壊でツイートして!」と発言。これを受けてファンは、早速「#日本破壊」というハッシュタグを作り、SNSで感想や同時配信されていた同コンサートの動画を切り取り、自分のお気に入りシーンを拡散していた。

 だが、この「#日本破壊」が日本のトレンドワード1位になってしまったことで、世間は「何事だ?」と思ったよう。ジャニーズJr.の発言が発端で起こったとこだとわかるや否や、「ジャニタレが何してんだよ!」「普通に反日発言だろ」「物騒な言葉を拡散しろって、バカ」と批判が殺到。さらに「世間を騒がせたことを謝罪しろ」という声までも聞こえてしまう状況になってしまっている。

「ファンのテンションをさらに上げるために発言したのでしょう。ですが、影響力を考えて言葉は選んだ方が良かったですね。トレンドワードに『日本破壊』なんて出てきたら、ファンでもない一般人は驚いてしまうに決まってますから(苦笑)。でも、まあ、このおかげで『HiHi Jets』の認知度は上がりましたよね。悪い意味でですが……」(アイドル誌ライター)

 近隣諸国との関係悪化が連日ニュースで伝えられている昨今。いくらファンのための発言とはいえ、あまり物騒な発言はやめておいた方がいいようだ。

ジャニーズJr.猪狩蒼弥の「反日発言?」に衝撃止まず……バカすぎる行動の顛末のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドル社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!