2006年から13年ごろまでテレビ朝日系列で放送された、いわゆる大家族番組である『痛快!ビッグダディ』。ビッグダディこと林下清志とその家族の日常に密着したドキュメンタリーとして人気を博したが、その林下の2人目の妻として知られるタレント、美奈子の発言が物議を醸している。

 18日にフジテレビで放送された『ザ・ノンフィクション 新・漂流家族 ~美奈子と夫と8人の子供 後編』。これは2015年に元プロレスラーの男性と再婚し、8人の子供と暮らす美奈子の日常に密着した番組で、長男と現在の夫の確執を中心としたものとなっている。長男は現在の夫との不仲を原因として、家出を繰り返した後に学校を中退。さらに引きこもり状態となったのち、アルバイトを始めるも無断欠勤が続いた状態となり、バイトをやめたいと言い出したことから、夫と長男の話し合いが行われた。

 この際に、夫が「俺とミナ(美奈子)がどんだけお前のこと心配してんのかわかってんのか」と長男を叱咤すると「昔からそう(怒鳴る)じゃん」「みんな一緒だったし……言葉だけだったし……。ミナ(美奈子)が今まで……付き合ってた男。普通のお父さだったら言われてもしょうがないと思うよ」と返答。これについて、夫が「お前の実の父だったら?」と質問すると長男は肯定し、夫は「そう思ってるんだね……」とショックを受けたような表情に。

 このやり取りの様子を見ていた美奈子は、長男に「お前らのことを考えていろいろやってきたから謝るつもりはない。治すつもりもない。お前らのことばかり考えてるし……」と涙ながらに語るシーンもあった。

 番組では、長女もやはり夫との人間関係に問題があったことから、高校を辞めて運送会社の契約社員として働いている現状が明かされた。番組の後半では、家族を一つにするために、全員でキャンプ場へと向かい、夫が長女や長男に語りかけ、関係を修復しようとシーンもあったが、これについてネット上では批判の声が殺到。

「子供第一に考えてたら美奈子みたいな人生は歩まないでしょ」「毒親ってこーいうやつのこと」「いや謝れよ」など、美奈子が子供の事を考えているとした発言に疑問を抱いているという意見のほか、「正直ビッグダディの方がよかったんでは?」と、元夫である林下の方が父親としては良かったのではないかという声も挙がっている状況だ。

美奈子「子ども第一」発言に総ツッコミ……「完全なる毒親」の声多数のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!