アンチが多いのは人気がある証拠というが、近頃の女優・土屋太鳳はその嫌われぶりがかなり際立っているようである。

「清純派女優は同世代・同性の層からは嫌われがちなものですが、嫌われぶりが目立つようになったのは15年のNHK連続ドラマ『まれ』であざとい演技を披露して以降だと言われています。最近目立ったのは『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の『ゴチになります!』でのリアクション。土屋は6月から7月にかけて2回連続で最下位になり全員分の支払いをすることになったのですが、2回ともお金が足らずに号泣するというハメに。視聴者からも『そういう企画なのにお金用意してないのは……』などと反論の声が殺到してしまいました。(芸能ライター)

 役者としての演技には演出があるのでフォローもできるが、深刻なのはバラエティなどに出演した素顔への評判の悪さである。

「天然で天真爛漫なところが彼女の魅力ですが、計算高いというかイヤらしい一面も視聴者からは指摘されています。その一つが“大きなアレアピール”。彼女のタレントとしてのキャラクターは清純派ですが、度々体にフィットした衣装で豊満なアレをアピールして話題をさらっています。昨年の『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)のドレス巨乳も注目を集めましたし、今年の5月に放送された『the trip~じ・とりっぷ』(フジテレビ系)では豊満なアレの自撮りドアップも披露。こちらはアングル的にも胸を強調するものでしたので、『絶対狙ってる!』と女性視聴者の批判を集めました。

 さらに指摘が多いのは、男性共演者との距離の取り方。過去には共演の多い山崎賢人との交際匂わせや、北村匠海との歌手デビューの際の密着寄り添いカット。さらに佐藤健のことを健先輩と呼び、仲良しアピールをすることでも注目を集めましたね。なお、ぶりっ子キャラは生来のものではなく、幼馴染の俳優・野村祐希によれば『普段の話し方と違う』のだそう。のちに野村はフォローしますが、少なからずぶりっ子であることは間違いないでしょう」(同)

 土屋は今年5月に発表された『週刊女性』(主婦と生活社)の嫌いな女性芸能人ランキングで第7位。この順位は若手女優の中ではトップであり、ZOZOタウンの前澤社長との交際で人気が急落した剛力彩芽よりも上位であるという。同性人気を盛り返すのはなかなか苦労しそうである。

土屋太鳳「剛力彩芽以上」に嫌われる理由……あざとさより問題な「距離」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!