18日の『NHKのど自慢』で、前代未聞の放送事故が起きた。

 北海道・七飯町からの生中継で番組は行われたが、終盤、ゲストの鳥羽一郎の歌唱終了時、出場者だった81歳の女性が体調不良を訴えて、倒れ込んでしまった。

 この突然の事態に、司会者も駆け寄り、救護班もステージに上がるという異常事態に。最終的には特別賞発表などだけはして番組は終了となったのだが‥‥

 ネット上では「おばあちゃん大丈夫かな」という声が殺到。突然の出来事だけに視聴者の衝撃度も大きかったようだ。

 そして、司会の小田切千アナウンサーの対応にも注目が集まっている。

 小田切アナは鳥羽一郎が歌い終わった瞬間即座に駆け寄っており、歌唱中から異変に気付いていたことがうかがえる。そして救護に駆け寄りながらスムーズに司会を進行。その淀みない対応に「さすがベテラン」という意見もある。

 まずは女性の無事を祈りたいところだ。

「NHKのど自慢」女性突然倒れ騒然‥‥ベテランアナの対応に驚き?のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!