パチンコ新台『北斗の拳8』が白旗?“覇王”の名に恥じぬ仕上がりに期待も……

編集部
パチンコ新台『北斗の拳8』が白旗?覇王の名に恥じぬ仕上がりに期待も……の画像1

パチンコ「北斗の拳8 〜覇王〜」Sammy公式サイトより

 8月5日に、日本中を感動の渦に導いた『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称『あの花』)とのタイアップ機が登場。ホールでは絶賛稼働中だ。

 パチンコ『Pあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(サミー)は6段階設定の1種2種混合タイプ。RUSH継続率は約80%で、最大出玉の比率は「75%」と高めに設定されている。

 やはり注目したいのは、徹底的に作り込まれた演出面。『あの花』を象徴する名シーンを忠実に再現しただけではなく、新規描き下ろしオリジナル演出も盛り込まれているなど見所満載だ。

 2019年も続々と新台を発表しているサミー。そんなヒットメーカーは、まだまだホールを盛り上げてくれそうである。

 看板機種『北斗の拳』がスタンバイ。9月に新機種『P北斗の拳8覇王』がデビューを果たす。

 ミドルスペックの確変ループタイプ。大当りは「最大1500発(10R)」と新規則の最大出玉を搭載している。小当り×確変「究極神拳RUSH」の継続期待度は約61%と一撃にも期待できる仕様だ。

「拳王編」「天帝編」「修羅の国編」の3部作にくわえて、劇場版「ケンシロウ伝 ZERO編」が収録されている点も見逃せない。演出でも“覇王”の名に恥じぬ迫力を感じさせてくれそうだ。

パチンコ新台『北斗の拳8』が白旗?“覇王”の名に恥じぬ仕上がりに期待も……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!