24日・25日放送「24時間テレビ42・愛は地球を救う(日本テレビ系)」のドラマスペシャル「絆のペダル」で嵐・相葉雅紀が主演を務める。2020年末の嵐活動休止まで多忙を極めるなかでのドラマ主演、ロードレーサー役という過酷な役作りということもあり、相葉のストイックな役者魂が息づく作品となっているようだ。

 嵐メンバーの直近ドラマでの役柄といえば、松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士– SEASONⅡTBS系)」での弁護士役、二宮和也主演「ブラックペアン(TBS系)」での医師役など、落ち着いたものが定着。そのなかでの体を張った相葉の挑戦はフレッシュさに満ちている。

「絆のペダル」はロードレースで数々の奇跡を起こした元プロ選手の宮澤崇史さんと、母親・純子さんの絆を描いたヒューマンドラマ。最も過酷なスポーツと評されるロードレースに生きる主人公の生き様を表現するため、相葉はクランクインの1ヵ月前から自転車を使ったトレーニングを始めたとのこと。プロさながらにロードバイクを乗りこなそうと筋力アップにも取り組んだそうで、ドラマの見所となる疾走感あふれるレースシーンに仕上がった。

 嵐として活動するなかでの地道な役作りは、業界内でも称賛の声があがっている。さらには、レギュラーバラエティ番組「相葉マナブ(テレビ朝日系)」では、江戸前寿司を握ることに挑戦中。

 回を重ねることに技術をめきめき伸ばし、銀座久兵衛の寿司職人も驚くほどの包丁さばき・握りのテクニックを披露している。一朝一夕で身につけられない芸当なだけに、日頃の練習の賜物であることは間違いない。

 MCの櫻井翔、役者の二宮和也など、他のメンバーと比べるとやや印象薄めな相葉。しかし謙虚な姿勢を武器に、2021年以降も活躍の幅を広げていく最有力は彼なのかもしれない。

嵐・相葉雅紀「ガチンコ役作り」に業界絶賛!歌・ダンス・演技・寿司・自転車・・・、とにかく一生懸命な一流アイドルのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!