先月29日からネットバラエティ番組『ひろなかラジオ』(AbemaTV)を配信中のテレビ朝日アナウンサー・弘中綾香が、同番組内でこれまでに挑戦したギャル&男装メイクにハマりつつあることを告白。ファンからは、他のバリエーションを見たいとリクエストが寄せられる一方、伸び伸びとした姿に対し、「いっそのことフリー転身した方が良いのでは?」と推す声も集まっている。

 同番組は毎週月曜~木曜の週4日、1ヶ月の期間限定で配信中の、弘中にとって初の冠番組。自身が気になるものを「ひろく浅く」挑戦するコーナー『ひろなかのひろく浅く』において、第3回目にモデルの伊藤桃々を講師に招きギャルメイクを、第5回目にプロコスプレイヤーの麗華によって男装メイクを施された。

「メイク中もテンション高めだった弘中ですが、第6回目の配信において『カラコンが気になる』と、ギャルメイクに興味が沸いた様子を見せました。その回の最後には、入社後2ヶ月ほどしか経っていない時期に、占いタレントのゲッターズ飯田から『あぁ、君はアナウンサーじゃないね』と指摘されたことを明かしましたが、同番組を伸び伸びと楽しむ様子を見てファンからも、『自由気ままなタレント業の方が向いてそう』とフリー転身を勧める声が多く寄せられたようですね」(芸能関係者)

 同番組には、Instagramに集まった視聴者からの質問に答えるコーナーもあるが、特に恋愛に関する相談に対して快刀乱麻に答えていく姿を見せているため、恋愛アドバイザーとしての活躍を期待する声も集まっている。

8日に配信された回では、『追う恋か? 追われる恋か?』や『恋愛か? 友情か?』といった王道の質問に対し、小気味よくザクザク答えていった弘中。以前、週刊誌『FLASH』(光文社)によって、飲みの席で男性陣に恋愛についてのアドバイスを高飛車放言する姿が報じられたことがありましたが、番組内でも質問に答える姿は常に自信に満ち溢れています。また、『年下の男子が可愛くてしょうがない』とのことで、現在28歳の自身より年下の層に対して姉御肌なキャラがハマれば、ブレークのきっかけになるかもしれません」(同)

「今はね、友達と飲んでるのが1番楽しいかなぁ」と語り、韓国のオーディション番組『PRODUCE X 101』に出演する男性アイドルたちにドはまりしていることを明かすなど、ここ最近は恋愛から遠ざかっている様子だが、アドバイザーとして活路を見出すことで、仕事に関してはより一層順風満帆となっていくかもしれない。

弘中綾香、ギャル&男装メイクに目覚めフリー転身を推す声 高飛車放言スタイルの恋愛アドバイザーに活路?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!