現在、SKE48チームEのリーダーで、2018年のAKB総選挙では2位に輝いたこともある須田亜香里。そんな須田のとある発言が物議を醸しているという。

 8月5日にAbemaTVで放送された『おぎやはぎの「ブス」テレビ』に須田は出演。この中の出演者がエロくなった経験を集めたという「ブスがエロくなった瞬間」のコーナーで須田は、「アイドルやっているっていうのもあって、人間の三大欲求って食欲、睡眠欲、性欲があるじゃないですか。でも、ここ(性欲)は満たされない状態で日々過ごしているわけじゃないですか。だから、ここがヒリヒリの状態というか、多分体が欲してるんでしょうね」と、性的な欲求が満たされていないために、不満の状態にあることを告白。

 続けて「ピンマイクつけて頂くときに、音声さんに。その時に、男性の方が服をつまんで付けてもらう時、『触っていいのかな』ってためらっている時に、『触っていいですよ』ってやるのが……」「それで、この方カワイイなって」といやらしい気持ちになった経験を語った。これについて、MCを務めるおぎやはぎの矢作は「触っていいですよって全国のね、広まるからね、音声さんに。触っていいってことは、乳●を触って……」とイジり、須田はそれを否定しながらも「勝手にパッてやられるのは嫌なんですよ。一瞬ためらってる、考えてる時を見ると『えっ、いいですよ、触って』って」と、あくまでためらう男性にときめくと返答した。

 この件について、ネット上では「ご遠慮させて頂く」「は? きも……」「男に媚びる典型的な女」と、アイドルであるはずの須田がこうした発言を行った事への批判が殺到。中には「鈴木奈々はウザいけど顔が可愛いからまだいいよ、須田と西野未姫はブスなゆえうるさい」「こんな部細工があるドルやれるなんて芸能界終わってる」と、須田の容姿への批判を始める声もそれなりに聞かれているような状況だ。

「彼女はこの放送の前日である4日にTBS系列で放送された『サンデー・ジャポン』の中でも、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品さんに抱かれたいという発言を行い、話題を集めていました。まあ確かに、めちゃくちゃな美人ではないとは思いますが、現役アイドルがこういう発言するのって、なかなかすごいことだと思うんですよね。

この件も粗品さんというところが絶妙にリアリティがあるし、今回の音声さんをカワイイと思うって言うのも生々しさがあって、ドキッとするって人も多いんじゃないでしょうか。狙ってこういうキャラを付けてるんだとしたら、なかなかの立ち回りのうまさを感じますよね。こういう、一種ヨゴレなキャラもできちゃうというところも、普通のアイドルにはない彼女の強みと言えるのかもしれません」(アイドル誌ライター)

 “会いに行けるアイドル”と呼ばれるAKBグループの中から“下の話もしゃべれるアイドル”が生まれてきたということだろうか。従来のアイドルのイメージからすると違和感を覚えてしまう部分はあるものの、これも多様な価値観が認められる昨今の時流に須田が乗っている、と言えるのかもしれない。

SKE48須田亜香里「性欲&男性媚び」にドン引き。一応「多様な価値観」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!