先月31日に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、『おばちゃんファンから逃走中』と題された企画のVTRが紹介され、「おばちゃんがかわいそう」「セクハラでは?」などとネット上を騒然とさせる事態となった。

 フジテレビの人気ゲーム番組『run for money 逃走中』をパロディにした同企画は、街中ロケでおばちゃんに触られたら失格というルールで行われ、石田純一、山田たかお、よゐこ・濱口優、カラテカ・矢部太郎、4人組男性歌謡コーラスグループの純烈が参加した。

「参加者は、『触らないで下さい』など直接的に断ることを禁止されたため、握手を求められた時には露骨に避ける姿を見せたのですが、『知らずにこれをやられたらへこむ』と批判の声が寄せられたようですね。その一方、無断で出演者のカラダにべたべたと触るおばちゃんに対し、『男女逆だったらセクハラでしょ』という怒りの声や、『おばちゃんの基準は年齢? 見た目?』と、曖昧なルールに困惑する視聴者もいたようですね」(芸能関係者)

 また、ロケの休憩中には、ファンとの写真に気軽に応じる姿を見せていた出演者たちだが、雨上がり決死隊の宮迫博之が現在、反社会的勢力のメンバーと写る写真を週刊誌「FRIDAY」(講談社)に掲載されて波紋を呼んでいる真っ只中なだけに、「これからプライベートでは注意が必要だな」「石田さんは特に危なそう」などと指摘する声が相次いだ。

「番組MCがダウンタウン、VTRには闇営業問題で渦中の人物となった入江慎也の相方の矢部が出演していたこともあり、一連の騒動に関連付けてしまう視聴者は少なくなかったようですね。特に、一番最初に失格になってしまった石田に関しては、『写真とか握手とか断った事ないんですよ』と、普段からサービス精神旺盛とのことで、『これまで、反社な人達とは知らずに撮ってしまった可能性もあるのでは?』と危惧する声が寄せられたようです」(同)

 2日発売の「FRIDAY」では、宮迫の事件絡みの記事中、半グレがオーナーだったリフォーム詐欺会社に勤務経験のある男性の証言が掲載。「有名人と交友があり儲かっている会社だとアピール」するためにSNS上にツーショットを投稿する輩もいるとのことで、石田をはじめファン想いな芸能人は特に注意が必要な時代になってしまったようだ。

水曜日のダウンタウン、“おばちゃんハンター”企画にネット騒然 石田純一に半グレとの写真流出を危惧する声ものページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!