小室圭問題で「秋篠宮家総『精神崩壊』化」も。批判に「限界」近く……?

編集部

小室圭問題で「秋篠宮家総『精神崩壊』化」も。批判に「限界」近く……?の画像1

 

 秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚問題に揺れる、いや世間を揺るがす小室圭さん。

 小室さんは現在米国留学中であり、9月からは新たなコースでの授業も始まる。というわけで「帰国」という道筋はまるでないのが現状だ。小室家の借金問題や諸々の問題は放っておいたまま、状況変化はゼロのまま現在を迎えている。

 国民からの厳しい目、厳しい意見、そして見えない将来……小室さんにはあくまで社会的には多くのプレッシャーがのしかかっているわけだ。だが、世間的に小室さんは外野の声など「どこ吹く風」という印象が強い。実際にそうなのかもしれない。

 その一方、皇室側の疲弊は相当なものであることがうかがえる。

「『女性自身』(光文社)が、上皇后美智子さまがネットの中傷にお心を痛めておられる、という報道が出ました。小室さん問題の批判は小室さん自身だけでなく、状況を変化させない皇室側に及んでいます。

 とりわけ眞子さま、秋篠宮家への厳しい意見は時間を経るごとに大きくなり、秋篠宮家のイメージは大きく損なわれている印象です。もちろん小室さんが原因の問題ですが、とにかく皇室側が後手後手である、という世間の見方が強くなっている印象です」(記者)

 最近の批判は「眞子さまがご自身のお気持ちだけで突っ走っていらっしゃる」「秋篠宮家ご夫妻が問題から目を背けていらっしゃる」という意見が非常に多い。世間は今「小室さんが原因だ。でも」という枕詞によって、秋篠宮家も強い攻撃にさらされている。

小室圭問題で「秋篠宮家総『精神崩壊』化」も。批判に「限界」近く……?のページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!