吉本興業・岡本昭彦社長による会見中、「1円」の給与明細がTwitter上に公開され、波紋を呼んでいる。

 岡本社長は22日の会見で、会社と芸人のギャラ配分について「安い等々言われたりしておりますけれども、会社が9でタレントが1とかそういうことはまったくなく、ざっくりした平均値で言っても5対5から6対4」と説明。「もちろん人によりますし、もちろん安い子がいることも事実ですけれども、一方で自社の劇場ではNSC出たての子とかが500円のイベントとかに出て色んな機材費やなんとか費含め何百円ということもあると思います」と補足した。

 この発言に対し、吉本芸人がTwitter上で続々と反論。ピン芸人のキートンは「ギャラ5:5だったのか てことは、私が海外に約1週間行ったあの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか! 優良企業」と皮肉り、6月末までお笑いコンビ・御茶ノ水男子として活動していた佐藤ピリオド.は、「9:1じゃなく5:5?ほほう。品川で初単独やった時。445席即完して。グッズも完売して。ギャラ2000円だったなぁ。御茶ノ水男子2人で4000円。9割9部9厘:1厘の間違いでは。それを社員さんに抗議に言ったら仕事減らされて。いい思い出だなぁ」と告白した。

 そんななか、お笑いコンビ・キンボシの西田淳裕が、出演料の欄に「1」と書かれた給与明細書の画像を公開。西田は「2円のうち1円入れてくれてたと思ったら許せるけれども」と綴っている。

 

 

 これに衝撃を受けたTwitterユーザーから、「この世に2円なんて仕事存在するのかね!」「こんなふざけた事が起きてるのに何が豊かな働き方だ」「明細の紙の方が高そう」といった声が寄せられている。

吉本芸人が衝撃の「1円」給与明細公開! 「5対5から6対4」岡本社長、会見で大ウソかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!