嵐「活動休止を撤回」も? ジャニー氏死去と事務所弱体化、生きるも死ぬも嵐次第?

編集部

嵐「活動休止を撤回」も? ジャニー氏死去と事務所弱体化、生きるも死ぬも嵐次第?の画像1

 

 国民的アイドルグループとしての地位を確固たるものとしている嵐。

 嵐は2020年末で「グループとしての活動を休止」となるわけだが、それに向けて重要な仕事が多々。『24時間テレビ』(日本テレビ系)では2年連続で中心を務め、来年の東京五輪のNHKスペシャルナビゲーターも務める。

 まさに「最後の花道」といった具合だが、ここへきて「休止撤回」の可能性が浮上している。

「活動休止は、大野智さんの『自由な生活への憧れ』が主な理由で、活動休止ではありますが『実質解散』とみる向きも多かったのが現実です。大野さんに嵐として活動する意志がなさそうにも見えましたからね……。

 しかし、先日ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が死去したことで、にわかに『休止しないのでは』という声も出ています。嵐もまたジャニーさんが名前を命名し、育て上げたグループであり、最近はSMAP解散や各グループのメンバー脱退などジャニーズ事務所の弱体化も顕著。その上ジャニー氏もいなくなってしまったということで、嵐がいなくなれる状況ではない、という意見が出ているんです」(記者)

 ジャニーズの屋台骨を支える存在となっていた嵐。さまざまな問題、そしてジャニー氏が亡くなった今、嵐がいなくなるのは事務所にとってこれ以上ない痛手だ。

「実際、ジャニー氏が亡くなった直後に公取委がジャニーズ事務所への『圧力』を指摘するなど、これまでの『特別扱い』がなくなりつつあります。絶大なる影響力を持つ嵐が残ってくれれば、テレビとジャニーズ事務所の関係も“維持”はできるのでは……それがいいことなのかはわかりませんが」(同)

 やはり、事務所の命運を握る存在といえるかもしれない。

嵐「活動休止を撤回」も? ジャニー氏死去と事務所弱体化、生きるも死ぬも嵐次第?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!