宮迫博之“吉本クビ引退”も「惜しむ声は……」 最後の最後で人気のなさ露呈か

編集部

宮迫博之吉本クビ引退も「惜しむ声は……」 最後の最後で人気のなさ露呈かの画像1

 

 雨上がり決死隊・宮迫博之とのマネジメント契約を本日7月19日付で解消したことを、所属事務所の吉本興業がマスコミに宛てたファクスで発表した。

 吉本興業は「反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、上記決定に至りました」としており、記者会見を行う予定はないという。

「この状況で移籍やフリーでの活動は考えにくく、島田紳助のように引退する可能性が高そう。すでに吉本興業のプロフィールページから雨上がり決死隊は消えており、相方・蛍原徹がピン芸人として掲載されています」(記者)

 ネット上では、「記者会見くらいしなよ」「この人、一度もちゃんと謝ってないじゃん」と不満の声が相次いでいる。

「ネットの反応を見る限り、宮迫の引退を惜しむ声や、宮迫の好きなところを語るようなコメントがほとんど見当たらない。目に付くのは『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の存続や、蛍原の今後を心配する声ばかり。宮迫って、芸人として本当に人気があったのでしょうか……」(同)

 バラエティの第一線で長年活躍しながらも、引退を惜しむ声が驚くほど少ない印象の宮迫。悲しい幕引きに、本人は何を思うのだろうか?

宮迫博之“吉本クビ引退”も「惜しむ声は……」 最後の最後で人気のなさ露呈かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!