それ何のポーズ!? キンプリ岸優太が厳しいトレーニング中でも天然ぶりを発揮

編集部

それ何のポーズ!? キンプリ岸優太が厳しいトレーニング中でも天然ぶりを発揮の画像1

 

 7月17日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)にKing & Princeが登場。スパルタ指導を受けつつも岸優太が天然ぶりを発揮し、「相変わらず岸くんが笑わせてくるwww」「真面目な表情をしてるのが逆に可愛い!」とファンを楽しませたようだ。

 今週の「King & Prince MEDAL RUSH」コーナーで、バレーボールに挑戦中のメンバー5人。この日の放送では元バレーボール選手・植田辰哉による指導のもと、日本代表選手も行なっているというトレーニングを学ぶことになった。

 植田が用意したメニューは、幅9mのコートに置かれた3つのボールを端から端までダッシュで移動させるもの。15秒以内と制限が設定されており、先陣を切った岸は14秒9でギリギリセーフとなる。他のメンバーもなんとかクリアしていく中、高橋海人がボールの1つを蹴飛ばす痛恨のミス。タイムロスを生んだ結果、15秒をオーバーしてしまう。

「高橋の“アウト”を受けて植田は『連帯責任です』と宣言し、全員にペナルティーを科しました。植田が手本で見せたのは腰を支点に両手・両足をピンと伸ばしたポーズで、後に続いたキンプリメンバーからは『キツい!』『先生ー!!』と悲鳴が飛び交うことに。植田が腕時計を見ながら『僕もやってるからね、55歳』と檄を飛ばしていると、岸はその動作もペナルティーのポージングと勘違いしたのか必死に植田と同じポーズを取ります。ちなみに岸は腕時計をつけておらず、テロップで『何このポーズ?』とツッコまれる始末。天然な岸らしい1コマと言えるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 そんな岸の姿に、ファンは「朝から大笑いして腹筋が痛いわ!」「私も企画に参加して『そのポーズは違うよ』ってツッコミを入れたかった(笑)」「植田さんのポーズを必死に真似る岸くんお茶目だし筋力もすごい」「動きを完コピするぐらい真剣に打ち込んでるってことだね」と大盛り上がり。今回は視聴者を笑わせた岸の“真似事”だが、今年3月に披露した「歌マネ」は大絶賛を浴びている。

「3月16日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)に、岸と神宮寺勇太が出演した時のこと。WゆうたコンビでKinKi Kidsの『Love is…~いつもそこに君がいたから~』を披露しています。岸は堂本光一パートを担当し、細部まで作り込んだ歌マネを展開。光一のパートナーである堂本剛から、『似てるよ。その時こういう口の開き方で発声してるなーっていうのを掴んでる』とお墨つきをもらっていました」(同)

 何事にも全力で取り組む岸から、ファンはますます目が離せなくなりそうだ。

それ何のポーズ!? キンプリ岸優太が厳しいトレーニング中でも天然ぶりを発揮のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!