『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)のメイン企画であるチャリティマラソンランナーは、今年は4人のリレーによる駅伝方式となる。

 すでにガンバレルーヤよしこと、いとうあさこが発表されており、残るメンバーも『イッテQ』ファミリーからの選抜が予想される。この発表により、かねてから一部報道と予想にあがっていたあの人物の登場はなくなりそうだ。

「元TOKIOの山口達也ですね。2018年4月に、未成年女性への強制わいせつ事件が明るみとなり、5月に自らTOKIOからの脱退とジャニーズ事務所からの退所を発表しています。その後は、入院治療を続けながらリハビリを続けるさまが、一部週刊誌に報道されました。復帰の場は『24時間テレビ』のマラソンになる予想はいくつかありました」(業界関係者)

 なぜ「マラソン」なのかといえば、山口は1997年に同番組で100キロマラソンに挑戦している。さらに同局の人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』においても中心的メンバーとして活躍していた。何かと日テレと『24時間テレビ』に縁があるだけに、復帰の場となる可能性が取りざたされていたのだ。

「今年のメインパーソナリティーは嵐と発表され、彼らは2020年末での活動休止を発表していますから来年の登場も既定路線といえるでしょう。こうした区切りの中で山口もどこかでケジメとして復帰を望みたい思いはあるかもしれません。ただ、犯罪の性質ゆえ近年のコンプライアンス重視の観点からするとかなり難しい判断が必要となりそうですね」(前出・同)

 今年は7月に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんの追悼にも時間が割かれると見られる。やはり山口の復帰プランが加速するのは、それ以降となりそうだ。(文=相川ナロウ)

『24時間テレビ』山口達也の“みそぎマラソン”は実現する?のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!