堂本剛がジャニー喜多川氏の亡骸にキス! 「まるで愛人のようにかわいがられていた……」の画像1

 ジャニー喜多川社長の“永遠のスペオキ”と言われる堂本剛が10日、神奈川県で行われた自身のソロライブで、ジャニー氏の亡骸にキスをしたことを明かした。

「剛くんは、『ありがとう言うて、おでこにチューしてきましたよ。初めて社長のおでこにチューしたわけなんですけれどもね』『チュってしたとき、思いのほか大きな音が鳴ってしまった』と穏やかな表情で話していました。また、周りで泣いているジュニアの子たちに気をつかって長居はしなかったと話していました。チューをして立ち去った剛くんを見て、後輩たちがどう思ったのか気になります」(剛ファン)

 ジャニー氏の歴代スペオキ(特にお気に入りのジャニタレ)の中でも、特に相思相愛だったことで知られる剛。かつて週刊誌に、ジャニー氏が所有していた東京都渋谷区の高級タワーマンションの最上階を剛名義に変更し、2人で同棲生活を送っていると報じられたこともあった。

「剛くんのことをまるで愛人のように溺愛してくれたジャニーさんですが、逆に剛くんも純粋無垢なジャニーさんにベタ惚れだったみたい。ネット上では、亡くなったジャニーさんにキスした剛くんの行動を珍妙に捉える人もいるようですが、ファンはみんな2人の関係を知っているから、『剛くんらしいな』ってほっこりしていると思いますよ」(同)

 11日に発表した追悼コメントでは、「あなたを愛しているという 変わらない毎日を大切に生きていくよ 愛しているよ」「宇宙一 大好きだよ」と綴った剛。これからも“永遠のスペオキ”として、ジャニーさんとの思い出は創作活動の原動力になりそうだ。

堂本剛がジャニー喜多川氏の亡骸にキス! 「まるで愛人のようにかわいがられていた……」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!