アイドルグループ・SKE48の“あかりん”こと須田亜香里が、9日に発売された情報誌「FLASH」(光文社)において、事務所の先輩・鈴木奈々、後輩・西野未姫と対談。AKB48グループ内で暗黙の了解とされる恋愛禁止ルールについて、「禁止じゃないみたい」と発言したため、「え、そうなの!?」「じゃあ、スキャンダルが発覚したメンバーが左遷されたり解雇されるのはなんで?」などと反響を呼んだ。

「グループの生みの親である秋元康プロデューサーが以前、ラジオ番組内で『僕は一度も言ってないんですよ、恋愛禁止条例って』と語った一方、スキャンダルが報じられたメンバーが左遷や解雇処分を受けたり、峯岸みなみが涙ながらに坊主にする騒動が起きたため、『実際には厳粛なルールがあるのでは?』と憶測する声がありました。しかし須田いわく、『おつき合いしたり、遊んだりしてファンが減るのは自己責任』とのこと。
『そんなこといったら、何だって自己責任で片づけられるでは?』『つまり、バレなきゃいいってことか』などと指摘する声もありますが、昨年度の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』で2位にランクインした人気メンバーの須田の発言なだけに、後輩へ与える影響は大きいかもしれません」(芸能関係者)

 須田はさらに、「この世界に入ったからには、誰もが知ってる有名人と撮られて話題になりたい」とスキャンダル願望を明かし、「最低3人とつき合いたい」と語ったが、これがファンに希望を与えることとなった。

「須田がつき合いたいと考えているのは、『誰もが知っている有名な方、すんごくお金持ちな方、ファンの方っていう3パターン』とのこと。『私はファンとつき合う気持ちがわからない』と否定した西野に対し、『でも、絶対自分のことを好きでいてくれる人だよ』と反論したため、『これは、リップサービスじゃなくて本気の発言かもしれない』『次の握手会、気合入れて行きます!』などと、鼻息を荒くさせるファンが続出したようですね」(同)

 先月27日放送の情報番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にゲスト出演した際、アイドルの闇営業について訊かれた須田は、「あるとすれば、ファンの人と個人的な関係を持つっていうのは、その時点でアイドルとしての品格に欠けると思う」とコメント。果して“ファンとつき合いたい”発言と、どちらが真意なのか気になるところだ。

AKB48総選挙2位・須田亜香里、「恋愛禁止じゃない」&「ファンと付き合いたい」発言に騒然のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!