歌舞伎俳優の片岡愛之助が女性霊能師の元へ夜な夜な通い、4~5時間にわたり入り浸っていると11日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 記事によると、愛之助が通っているのは、霊視やタロットカード占いも行い、自らを「魔女」と称することもあるスピリチュアル系マッサージ師・Aさんのヒーリングサロン兼自宅。2人は知人の紹介で知り合ったといい、愛之助は公演中でも毎週のようにAさんの元を訪れ、4~5時間にわたり共に過ごしているという。

 また、愛之助のタニマチとの食事会にもAさんを呼び、そこには妻の藤原紀香も同席するとか。同誌が「マッサージだけで5時間かかるんですか?」と質問すると、Aさんは「何言ってるの、短いくらいですよ」と答え、一方、紀香も愛之助とAさんの男女関係について否定しているという。

「芸能人が霊能師に傾倒し、深い関係になってしまうケースはよくあるパターン。一般的な女性であれば、夫が別の女と頻繁に部屋で5時間2人きりになるというのは容認できないでしょう。いくら紀香がスピリチュアルに理解があるとはいえ、この夫婦はやっぱりちょっと変わってますね。以前より、一部で仮面夫婦疑惑がささやかれてきた2人ですが、今回の報道で疑念が高まったといえるのでは」(記者)

『徹子の部屋』(テレビ朝日系)出演時、「夫婦喧嘩はしない」と明かしていた紀香。2度目の離婚を避けるためにも、愛之助とドライな関係を心がけているのかもしれない。

藤原紀香に“仮面夫婦疑惑”浮上! 片岡愛之助に女性霊能師「5時間マッサージ」報道のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!