TBS系連続ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)の初回が9日に放送され、主演の石原さとみの演技に対し既視感を覚える視聴者が相次いでいる。

 同ドラマは、佐々木倫子による漫画『Heaven?』(小学館)が原作のコメディドラマ。利己的で周囲を振り回すフレンチレストランのワンマンオーナーを石原が演じ、脇を福士蒼汰や志尊淳といったイケメン俳優や、勝村政信、段田安則、岸部一徳、舘ひろしといったベテラン俳優が固めている。初回の平均視聴率は、10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「紅一点の石原と、それに振り回される男連中という構図が際立つ同作ですが、ネットの評判は散々。『コメディがさむい』『福士蒼汰の棒演技がヤバイ』『主人公の服がヒドい』『セットが安っぽい』など、酷評の内容はさまざまさま。初回の爆笑ポイントは、“諦観”状態に入った従業員たちが心の声を叫ぶシーンだったようですが、あまりにもしつこくて不快。また、自分勝手な主人公にイラつくあまり、早々に脱落した視聴者もいたようです。出演者が豪華なだけに、実にもったいないですね」(テレビ誌記者)

 中でも、意見として目立つのが「石原さとみって、どの役を演じても同じに見える」「全力で石原さとみを演じてるだけにしか見えない」「喜怒哀楽が毎回、ワンパターン」「演技が『高嶺の花』まんまじゃん」といった声だ。

「木村拓哉が『何を演じてもキムタク』と言われていることから、かねてより『女版キムタク』と揶揄されている石原ですが、新ドラマでも例に漏れず一本調子な演技が視聴者をがっかりさせています」(同)

 視聴者から「主人公が不快」との声が相次いでいる同ドラマ。初回は2ケタで好発進となったが、今後が心配だ。

“女版キムタク”こと石原さとみ、新ドラマ『Heaven?』でもやっぱり「何を演じても石原さとみ」だった!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!