7日、女優の真木よう子が、日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演した。最後の番宣では13日から放送予定で真木がヒロインを務める日本テレビ「ボイス 110緊急指令室」の紹介をしたが、以前も主演ドラマの過激な番宣ツイートが目立っていただけに、また事件を起こさないか心配である。

 番組では、男性から見ると近寄りがたい存在といった声が上がると、真木は「全然そんなことないですよ」と答えた。おっちょこちょいでかわいいところもあるのだとアピールしたが、キスシーンなどでは「わりと、もっと来いよ、と思ってしまう」と強気を見せ、男勝りで尖ったキャラは顕在のようだ。

 真木は、2017年フジテレビ「セシルのもくろみ」の主演をきっかけにツイッターを開設。「全話2桁取れたらヌードになる」と視聴率アップ目的の投稿をしたり、ガチの土下座動画を使った番宣など、過激なツイートが続いた。また、真木のツイッターと言えば、“コミケ騒動”も記憶に新しい。クラウドファンディングでフォトブックを制作し、コミケで売ることについて、オタクが噛みつき、ツイッターが大炎上。真木は昨年10月に出演予定だった映画を体調不良で降板。関係が悪化して事務所を辞めるなど、波乱万丈なお騒がせ生活を送っていた。

 以前、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」に出演した真木は、ある後輩女優に対し「何度飲みに誘っても断られてしまう」と不満を漏らしていた。芸能界でもその尖った性格は煙たがられているのかもしれない。ネットでも「真木よう子って性格悪そう」「なんか、思ってた性格と、違う…」など、様々な事件で印象は最悪のようだ。

 ツイッター騒動から2年、主演ドラマの放送を控えた真木。元気なのは何よりだが、男勝りな強気の性格でまた事件を起こさないよう、目立った行動は控えてほしいところだ。ドラマのヒロイン役で人気を集め、芸能界完全復活なるか。

真木よう子お騒がせ生活終了!?「行列」に出演。ヒロイン役で完全復活なるか。のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!