人気作・話題作を連発し『ドラマのNHK』とも評される昨今のNHK。そのなかで、存在感を高めている俳優が染谷将太だ。大人気漫画が原作で現在放送中の「聖☆おにいさん」では主人公ブッダを演じ、朝ドラ「なつぞら」ではヒロイン・広瀬すずの旦那候補と噂される後輩アニメーターで登場予定。

 さらに2020年大河ドラマ「麒麟がくる」では大役・織田信長を演じる。この『大河ドラマの信長役』は、俳優業界における最高ブランド。若手実力派として名を知られてきた染谷は、いよいよ一流俳優として飛躍する時を迎えている。

 大河ドラマにおける織田信長役は、そうそうたる名優が演じてきた。最近は2014年放送「軍師官兵衛」では江口洋介、2011年放送「江~姫たちの戦国~」では豊川悦司といったTHE一流どころ。さらに遡ると渡哲也や舘ひろし、反町隆史、吉川晃司などが務め、信長役の配役は主人公クラスの注目度がある。

 そんな大役だからこそ、3月に発表された際には染谷将太には「意外すぎる!」と話題に。穏やかな人間味のある役柄が多かった染谷だけに、どんな信長像になるのか注目が集まっている。

 朝ドラ「なつぞら」での役どころも“売れる予兆”を感じさせる。広瀬すず演じる女性アニメーターの後輩という役柄で、一部ネットでは「モデルは宮崎駿」「広瀬すずの相手候補最有力」と噂されるほどのキーパーソン。重要人物を任されるという事実が、演技力だけではない“希少な雰囲気”をまとった役者としての高い評価を物語っている。

 NHK色の強い染谷だが、今年から2020年にかけて「最初の晩餐」「シライサン」「初恋」などの映画作品公開をひかえている。今後も出演作品は増えること必須。朝ドラ、大河ドラマの放送以降には、染谷を取り巻く環境は一変していることだろう。

染谷将太「大河ドラマ信長役」で激売れ確定!歴代信長はスターぞろい、若手実力派から羽化する刻が来たのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!