4日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、見知らぬ記者から自宅のポストを直撃された恐怖体験が語られた。

 岡村は先週の放送で吉本興業の闇営業問題に関し「それがないと食べられない芸人がいる」といった切実な事情を真面目に語り話題となっていた。これを聞いた記者から、あらためて話を聞きたいと自宅ポストに依頼状と名刺が投函されていたという。

 岡村は「そういう仕事の人だったら、(芸能人の)住所とかはわかるでしょうけど、部屋の何号室とかもわかっているって、めちゃくちゃ怖くないですか」と問いかけた。さらに「芸能人の自宅前で出てきたところを『ちょっとコメントいただきたいんですけど』というのはわかります。直接ポストに入れているって怖くないですか?」と繰り返し「こんな気色悪いことはない」と嫌悪感をあらわにした。

 チーフマネージャーに相談したところ、先方に抗議をすると言われるも「あんまり高圧的に出たら『何やねん岡村』とあることないこと書かれるのも怖いじゃないですか」と伝え「ただなんで部屋わかったかは明らかにして欲しい。何なら引っ越しもしたいやん。気持ち悪いな」と思った。

 マネージャーを通して先方に確認したところ非礼を詫びるも、自宅を突き止めた情報源については開示されなかった。

ナイナイ岡村、記者が自宅ポスト直撃の恐怖体験のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!