現地時間1日、女優の米倉涼子が日本人女優史上初となる3度目のブロードウェイミュージカル「CHICAGO」の舞台に立った。また26日からは劇中の名曲「ロキシー」が120ヶ国で配信され、世界デビューが決定。その歌唱力も含め、終演後には劇場に万雷の拍手が鳴り止まないなど、日本人が思っている以上に現地では米倉を賞賛する声が集まっている。

 3年ぶりにブロードウェイに帰ってきた米倉は、初日の終演後「12年・17年の時とは違う緊張感があった。今日舞台に立てることが本当にうれしい」と喜びを明かした。
CHICAGOに関わって10年以上だけに、作品への想いも強く、「それだけの歳月を使って役を深く知ることができ、演じることが楽しくなってきている。私にとってCHICAGOはミュージカルの中で一番好きな作品であり、夢でもある」と、これからもずっと関わっていきたい意思をアピールした。

米倉涼子が日本人女優“史上初”3度目のブロードウェイ!日本では認知度低め?本場を魅了するケタ外れの才能のページです。エンタMEGAは、エンタメ舞台の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!