お笑い芸人の闇営業問題を受けて、非吉本芸人として参加していたザブンブルの謹慎処分について、所属のワタナベエンターテインメントは8月いっぱいと発表した。実質的に2ヶ月強の謹慎となる。
 その間、ザブンブルは社会奉仕活動へ参加する見込みだ。謹慎処分は本人の反省をうながす意味合いもあり、事前に期間を定めないのがこれまでの通例であった。なぜ、謹慎期間が事前に発表されたのだろうか。

 「ザブンブルは、闇営業には参加していたものの、カラテカの入江慎也のような仲介役といった深い関係ではないため、比較的不祥事の度合いが軽いといえます。そのため、期間を限定したのでしょう。
 ベッキーの不倫騒動などを見てもわかる通り、近年、芸能人の不祥事の謹慎処分は長引く傾向があり、それに対する批判的な意味合いも込められていたといえます」(業界関係者)

ザブングル、謹慎期間8月末までの理由は?のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!