これを受けマツコ・デラックスは「これは私としては本当にもっと技術が進んで、その場に行ったかになる時代に早くなって欲しい。そしたら行かなくていいのよ?」と、マツコならではの反応を見せた。
 巨漢で知られるマツコとしては、やはりどこかへ出かけるのも一苦労なのだろう。もともと、マツコは休日の日は自宅でひたすらビールを飲み、気づいたら1ダースを開けていたといった体験があるほどのインドア派として知られるため、VRでどこでも行ける、体験できるのは究極の理想なのかもしれない。

 同じく出演者でトレーダーの若林史江から「グーグルアース見なくていい?」とツッコまれるとマツコは「グーグルアースでも十分なんだけど、あれがもっとリアルになったら人生が豊かになると思う」と話し、さらに「VRはものによるよ。ケチっちゃだめ。しょぼいVRってすごいしょぼいから、ある程度投資をするとすごいよ」と話し、技術革新に期待を寄せた。マツコも注目するVR技術の今後の発展に関しては要注目といえるだろう。(文=相川ナロウ)

マツコがCG技術の未来を語る「VRでどこでも行きたい」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!