人気女優の橋本環奈が自身のTwitterで、上白石萌歌、萩原利久と3人の“定例会”を開催したことを明かした。上白石とは以前からプライベートで遊んでいることが知られており、橋本と萩原は映画「十二人の死にたい子どもたち」で共演している。友好関係の深い3人の“定例会”は、男性の萩原も含めて深夜まで盛り上がりをみせたようだ。

 “なんでも打ち明けられる仲間”と友好関係を語る橋本は、自身のTwitterで上白石・萩原と“定例会”を行っていたことを報告。「萌歌と利久と三人の定例会。真面目な話もバカ話もなんでも打ち明けられる仲間です。盛り上がりすぎて帰りたくなくなっちゃってる」と、0時21分にツイート。3人で夜遅くまで話し込んだテンションそのままのツイートが注目を集めた。

 Twitterのリプライには「環奈ちゃん!!3人!!写真載せて!!」と3人の定例会を一目見たいというファンや、「盛り上がれる仲間がいるなんて最高ですね!」とお互いを高め合いながらそれぞれ活躍する3人を応援するファンも多く、「僕もその中に、入りたいです」など、男女関係なく仲睦まじい様子をうらやむ声が集まっている。

 橋本が抱く男女分け隔てない友情、そして戦友としての共感覚。しかし、男性からすると橋本クラスの美女を前にして異性感情を抱かない方がおかしく思える。萩原が一抹の恋愛感情をもっていないか考えるのは下衆の勘ぐりになるので控えるが、一般人的思考では友情でとどめるのはウルトラCではないか。

 この日、突然の連投ツイートに“橋本環奈”が日本のトレンド入りするなど、ますますその人気が止まらない橋本環奈。これだけ可愛く人気のある子から「帰りたくなくなっちゃった」などと言われたら、どんなことでも打ち明けられる仲間とはいえ、異性感情をもつのは不可避だろう。

橋本環奈「友情に男女関係なし」定例会ツイートに大反響!同席俳優が恋愛感情を抱かないか心配のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!