元HKT48の“はるっぴ”こと兒玉遥が今月、約2年ぶりにインスタグラムを再開。29日の投稿写真に対し、「顔が怖い」との指摘が相次いでいる。

 兒玉は、「おやすみなさい★ Good night」と自撮り写真を投稿。普段と比べて目の大きさが倍程ある上、顔の形がほぼ“正三角形”であることから、ネット上では「カマキリみたい」「顔の形どうしちゃったの?」「またバージョンアップした?」などの声が相次いでいる。

 「これは顔がカマキリ化したのではなく、過剰に加工される写真アプリでも使ったのでしょう。HKT48時代、顔がみるみる変化することから整形依存症疑惑がささやかれていた兒玉ですが、同時に身体醜形障害(実際には存在しない外見上の欠点にとらわれること)の疑いも指摘されていました」(記者)

 先月4日にHKT48卒業を発表し、9日から元AKB48・川栄李奈と同じ「エイベックス・アスナロ・カンパニー」の所属となった兒玉。翌10日には、復帰作となる舞台『私に会いに来て』の制作発表に出席し、アイドルをきっぱりと止め、今後は女優として活動することを明かしていた。

 「兒玉の演技は正直言って“大根”。中でも一番のネックは、アイドル仕様の表情と発声。大きなカラコンやインスタグラムの加工ぶりも相まって、とても女優向きとは思えません」(同)

 復帰してもなお、容姿の変化ばかりが話題に上る兒玉。女優宣言をしたからには、写真写りを気にするよりも演技力を磨いてほしいものだが。

元HKT48・兒玉遥の顔が正三角形で「カマキリと一致」!? 身体醜形障害疑惑が再燃のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!