事務所との関係があるとはいえ、これではコメンテーターとしては失格か。

 ハリセンボン・近藤春菜に批判が集中している。25日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演した近藤は、先輩芸人たちの「闇営業問題」の話題を振られ、号泣した。

 近藤は、MCの加藤浩次が「会社自体の甘さもあるよね」と意見を求められた際に「そうですね。会社自体も保身に走ったというか」とし「生活のためにお金に困るのもすっごい分かる」「反社会的勢力と知っていたらお金を受け取るはずがない」と主張し涙。

 どうにもそれが「芸人擁護」という風に世間には映ったようだ。

 「世間からは『なんで擁護っぽくいうんだろう』『犯罪で儲けた金を受け取った事実は変わらない』『振り込め詐欺被害者に申し訳ないと思わないのか』と近藤への糾弾の嵐。もともと近藤は『先輩芸人の話』だと歯切れが悪い傾向がありましたが、今回はそれがモロに出た格好といえます。

 近藤の発言は、図らずも『闇営業を許す方向』の発言となり、反社との関連性も仕方がないものという風にとらえられました。『近藤もやってたんじゃないの?』との声も。怪しいパーティーの写真があった、なんてウワサまで……」(記者)

 あまりにも歯切れが悪く、近藤のこれまでの活動も疑われる始末だ。

近藤春菜「闇営業許容」発言に批判殺到。振り込め詐欺被害者ないがしろで近藤の「過去」にも疑いがのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!