有吉弘行、松山千春ものまねで闇営業イジりの画像1

 6月30日の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)において、有吉が番組冒頭に松山千春のものまねを披露し話題となっている。自らを「有山千春」とも名乗っていた。これは自身のDVD作品で哀川翔のものまねで「有川翔」と名乗っていたパターンにかけたものだろう。

 有吉はこの番組では「とにかく歌う」ことで知られ、夏の『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)では、勝手に裏番組を自称し「加山雄三スペシャル」を放送するのが恒例となっており、そこでも加山の歌ものまねが披露されている。

 有吉は歌い終わったあと「いけるかなバンドー太郎さんの代わり」と話し、アシスタントを務めるデンジャラスの安田和博から「やめろよ、そんな話出すの」とツッコまれていた。バンドー太郎は、松山千春のレパートリーを得意とするものまね芸人である。
 だが、今ではスリムクラブに闇営業を仲介した人物としての方が知名度が上だろう。30日にはバンドー自らが緊急記者会見を開き、経緯説明と謝罪を行った。

有吉弘行、松山千春ものまねで闇営業イジりのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!