赤西仁が「ハワイで寿司屋」報道をフェイクとばっさり! その否定方法が「新しい」と話題の画像1

 元KAT-TUNの赤西仁が、ハワイで寿司屋を開くとの報道を否定。その方法が「新しい」と話題になっている。

 25日発売の「女性自身」(光文社)は、寿司好きを公言する赤西が、ハワイで寿司屋を開く計画を進めていると報道。記事では、赤西にアドバイザー役を頼まれているという高級寿司店の大将・A氏が、「メニューとか職人とかを僕が仕込むという感じ」「契約期間を決めて協力するという感じになる」などと、かなり具体的に証言している。

 これに対し、赤西は自身のインスタグラムにて「速報フェイクニュース!」「#でもこの際本当にやるか #5年の契約書送っておいて #でもあちし縛られるの嫌い」とのテキストと共に、LINEのスクリーンショットを公開。
 そこには、ニュースの引用と共に「おい 寿司職人A」と投げかける赤西と、これにA氏が「これ、適当にあしらっていたつもりで、こんなに答えてないんですけど!」「わたし、こんな感じで答えてないんです。。。まったく、言ってない事、誇張されてまして」と弁明する様子が見て取れる。

 「画像を見る限り、これが本当にA氏とのやり取りであるかどうかも、A氏が本当のことを言っているのかも定かではありません。
 しかし、LINEのスクショは、心理学的にも見る者に妙な生々しさや親近感を与えることができると言われており、報道や疑惑を否定する手段としてはかなり効果的。芸能人の間でこの手法が流行ってしまうと、世の芸能記者は取材しにくくなると思いますよ」(記者)

 ジャニーズ時代は報道にノーコメントを貫くよう、口封じをされていた赤西。独立後は、自由に発言できる環境を手に入れているようだ。

赤西仁が「ハワイで寿司屋」報道をフェイクとばっさり! その否定方法が「新しい」と話題のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!