優勝も狙える位置につけ活気にみちあふれている。プロ野球の阪神タイガースが貯金1の3位につけて交流戦を終え、セ・リーグ戦を再開する。ルーキーの近本の活躍や防御率3・44が示す高い投手力も要因と言われるが、一番の躍進要因は矢野燿大監督にあるという。

「包み隠さず感情を表に出すというスタイルが選手に分かりやすいと好評で士気を高めていますよ。とにかく言葉も動きも分かりやすく共感を呼び、結果的にそれが人心を掌握しています。
選手がいい働きをすれば、頭をなでて褒めるし、ミスをすれば試合中でもベンチで説教します。怒った後でも後腐れなく、愛情がこもっています。親近感もあり『監督を胴上げしたい』『監督をよろこばせたい』といった雰囲気がチーム内にできつつあります」(在阪テレビ局スタッフ)。

阪神「矢野燿大劇場」で躍進! 涙を隠さないキャラ、人気ありすぎてグッズ販売ものページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!