市井紗耶香出馬は、立憲民主党のスピリチュアル志向の現れ?

編集部

 この夏の参議院議員選挙に、立憲民主党が元モーニング娘。の市井紗耶香を擁立すると複数のメディアに伝えられている。市井は比例代表での出馬となると見られる。参院選は候補者名が政党の得票となるため、著名人が擁立されやすい。だが、この人選には「節操がなさすぎる」といった批判が殺到している。

 やはり元モー娘。の圧倒的な知名度に期待する態度に批判が集まっているといえるが、現在の市井の立ち位置は、元アイドルの枠を越えているといえるだろう。

 「市井紗耶香は98年に、保田圭、矢口真里とともにモーニング娘。2期メンバーとして加入。その後、後藤真希、保田らとプッチモニを結成するなどして活躍するも、2年後の00年には早くもグループを卒業しています。この背景には本人の素行不良もあったといわれていますね。
その後は、2度の結婚で4人の子供をもうけています。今回の選挙でも『ママの立場から何かを発信したい』と表明していますが、実際のところ彼女の興味はオーガニック農業の食品や化粧品などにあるといえるでしょう。講演活動なども積極的に行っています」(業界関係者)

市井紗耶香出馬は、立憲民主党のスピリチュアル志向の現れ?のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!