事務所の発表を受けて、“嘘”をつき続けていた宮迫らに対し同僚芸人から多くの叱責が集まった。24日の毎日放送のニュース番組「ミント!」に出演した月亭方正は「人間嘘ついたら絶対あかん。
嘘をついたこと、周りに迷惑をかけたことは本当に反省してほしい」と反省を促し、同日のフジテレビ「グッディ!」でも、「トレンディエンジェル」斎藤司が「最初は受け取ってないって話だったんで、すごい残念な気持ち」と信じていた同僚に裏切られた心境を吐露した。

 さらに25日のTBS「ビビット」では、千原ジュニアが宮迫の謝罪文に触れ「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」という内容の問題を指摘。「間接的」と責任を薄めるような言葉に、「そんな言葉はいらない。「本当に申し訳ございませんでした」だけでいい」と切り捨てた。
さらにジュニアは入江の契約解除を「死」と表現しながら、「自業自得ですが1人の芸人が死んだわけです。先輩である2人が矢面に立って記者会見を開くべきだった」「Twitter・ラジオで一方的に(釈明する)というのは先輩としていかがなものか」と、宮迫と田村亮の“先輩組”の対応に苦言を呈した。

 問題がスクープされた直後にも、「ダウンタウン」松本人志が「何らかのお金は出ていると思う」と発言するなど、「ギャラなし出演」の主張に対して違和感があることはたびたび伝えられていた。一度“嘘”をついての真相発覚なだけに、世間からはより具体的な“反省”を求められることになるだろう。

千原ジュニア「先輩としていかがなものか」謹慎発表の宮迫博之に同僚からも非難殺到のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!