伊集院光、闇営業問題に持論「問題がずれている」

編集部

 24日深夜放送の『伊集院光深夜の馬鹿力』(TBSラジオ系)で、雨上がり決死隊の宮迫博之らが闇営業問題を受けて謹慎処分を受けた件について話された。

 伊集院は一連の闇営業報道が「一番最初から何かずれていないかと思ったのが、自分たちがあの人たちが反社会勢力だと知らなかったというところだけでよくない?」と話し「それがメインがお金をもらいませんでしたがど真ん中になっちゃってるから、話がよくわかんなくなっている」と指摘した。
さらにむしろ「お金もらっていないという方が、そいつらと仲良いってことになるのでは?」「お金もらっていないんだから勘弁されるみたいなトーンで徹底的に押してきたのに、お金もらっていたことがわかっちゃったらそれはダメだよね」と持論を展開した。

 さらに「闇営業」という言葉も、闇社会のパーティーといったイメージにふくらみがちだが実際は「事務所を通さないでイベントに出たりする。要は事務所との契約違反の話」と整理し「実情としてそういうことは行われている。内緒で『パーティーの司会してよ』とか言われるが、俺はそういうことを教えてくれる友人もいないし、『イベントとか超めんどくせぇ』と思っているので、闇営業をしたことは一度もない」と話した。
ただ伊集院としても「業界に直の営業があふれているのはわかる」と話した通り、吉本興業に限らず芸能界によくある話なのだろう。

 さらに「途中から話がずれながら、ややこしいことになり最終的に入江くんが知っていようがいまいが、『反社会勢力との付き合いは許しません』となり辞めさせているのはどうなのかな」と疑問を呈した。

 今回は宮迫のほか、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、ムーディー勝山ら11名もの芸人の謹慎処分が発表となった。伊集院が指摘する通り、入江の契約解除と関係した芸人の謹慎処分だけでは、今後も同様の問題が生ずる可能性があり、何の問題解決ともなっていないのも確かであろう。(文=相川ナロウ)

伊集院光、闇営業問題に持論「問題がずれている」のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!