宮迫博之謹慎、法律&保険仕事は完全アウト?

編集部

 カラテカの入江慎也を仲介人として、複数の芸人が闇営業を行っていた問題を受け、24日に吉本興業が所属芸人11人の謹慎を発表した。筆頭格ともいえるのが雨上がり決死隊の宮迫博之である。
当初は「ギャラはもらっていない」と釈明したものの、続報で振込みによる支払いといった決定的な証拠が出たため、言い逃れができない形となってしまった。

 宮迫の出演するレギュラー番組の存続は今のところ未定であるが、確実に失ってしまう仕事が、「法律と保険」であろう。

 「東野幸治、フットボールアワーの後藤輝樹とMCを務めていた『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)は、すでに今後の放送では宮迫の出演部分をカットして放送、以降の出演は実質的に降板と発表しています。
『アメトーーク!』(テレビ朝日系)と違い、社会派の要素が強い番組ですから、やはり闇営業で謹慎した芸人の居場所はないといえるでしょう」(業界関係者)

宮迫博之謹慎、法律&保険仕事は完全アウト?のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!