宮迫博之ら「謹慎処分決定」誤報から一転

編集部

宮迫博之ら「謹慎処分」誤報の裏側は……「実質謹慎」は十分にある?の画像1

 

 吉本興業が、雨上がり決死隊の宮迫博之ら芸人11人を「闇営業」の影響受け、謹慎処分としたことを24日「スポニチ」が伝え、その後削除した。

 記事内容によれば、ロンドンブーツ1号2号の田村亮など11人の芸人は、以前振り込め詐欺グループの忘年会に出席したと報じられ、仲介した入江慎也が吉本興業との契約を取消になった。他の芸人は「詐欺グループであることは全く知らなかった」「ギャラは受け取っていない」として厳重注意処分だったが、結局同社は「受け取った事実があった」と判断したようである。宮迫らは「ギャラを受け取っていない」としたものの、その後「受け取っていた」とする報道もあり、批判はより大きなものとなっていた。

 が、報道はすぐに削除され、その後ハフポストの取材に対し吉本広報は「誤報」と説明。謹慎の事実はないとした。

 しかしその後、すぐに吉本興業公式サイトが重要なお知らせを発表。「弊社所属の雨上がり決死隊・宮迫博之(みやさこひろゆき/49 歳)、ロンドンブーツ1 号 2 号・田村亮(たむらりょう/47 歳)、レイザーラモン・HG(住谷正樹・すみたにまさき/43 歳)、ガリットチュウ・福島善成(ふくしまよしなり/41 歳)、くまだまさし(46 歳)、ザ・パンチ・パンチ浜崎(ぱんちはまさき/38 歳)、天津・木村卓寛(きむらたくひろ/43 歳)、ムーディ勝山(むーでぃかつやま/39 歳)、2700・八十島宏行(やそしまひろゆき/35歳)、2700・常道裕史(つねみちひろし/36 歳)、ストロベビー・ディエゴ(41 歳)、の 11 名を、本日をもって、当面の間、活動を停止し、謹慎処分とする旨を決定致しました。」と発表した。

 

 拡がり続ける闇営業問題。解決の道は見えるのか。

宮迫博之ら「謹慎処分決定」誤報から一転のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!