宇垣美里、「モテない」発言に納得の声も、伊野尾慧ファンの逆鱗に触れる?

編集部

 18日に放送されたバラエティ番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)に、フリーアナウンサーの宇垣美里とモデルの菜波がゲスト出演。
レギュラーの西野七瀬とともに恋愛トークを繰り広げ、全員が「モテない」と発言したシーンでは、「そんなバカな」「謙遜ではなく嫌味に聞こえてしまう」などと否定の声が飛び交う一方、宇垣に対しては納得する声も少なくなかった。

 「菜波から『すごくモテそうです』とヨイショされた宇垣ですが、『中学校から高校に行く時に4月の一瞬だけワッてモテて、5月くらいにはみんな性格が分かって(モテなくなる)』と否定。
これを聞いた菜波は無意識に、『あー』と納得したような相槌を打ったため、VTRをスタジオで見守っていたレギュラー出演者の田中みな実が『あーって』と笑う一幕があったのですが、宇垣といえば青年誌『週刊プレイボーイ』(集英社)の連載コーナー『人生はロックだ!!』において、『昭和ヤンキーのように殺気立ってしまうことも多々ある』と、武闘派であることを明かしているだけに、納得するファンは多かったようですね」(芸能関係者)

宇垣美里、「モテない」発言に納得の声も、伊野尾慧ファンの逆鱗に触れる?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!