ビジュアル系メイクでロックナンバーを歌う姿が話題の演歌歌手・氷川きよしに、“美容整形”を疑う声が相次いでいる。

 氷川は、11日放送のNHK総合『うたコン』に出演。激しいイントロと共に登場するやいなや「フォー!」とシャウトし、『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)のオープニング曲である「限界突破×サバイバー」を力強く歌い上げた。

 ビジュアル系メイクで登場した氷川に対し、ネット上では「ずいぶん変わったね。びっくりした」「演歌の氷川きよしより好き」「昔の西川貴教みたいになってる」「亀梨和也に似てる」「歌もビジュアルも色気があって最高!」と見たことのない氷川に大興奮。

 また同時に、Twitterなどでは「整形した? 化粧が濃いだけ?」「母が絶対氷川きよし整形した!!!!!って騒いでるけどそうなの?」「顔変わりすぎヤバい!」「鼻に違和感」と、整形を疑う声が殺到した。

 「整形ではなくビジュアル系メイクのせいでしょう。41歳ですから、芸能人の嗜みとしてヒアルロン酸やボトックスは注入しているかもしれませんが、氷川さんはデビュー当時から美形。形を変えるような手術はしてないと思いますよ」(氷川のファン)

 41歳とは思えない若々しいビジュアルの氷川。思わぬ疑惑が浮上してしまうのも、大スターゆえに仕方のないことなのかもしれない。

氷川きよしの鼻が激変!? 「すわ整形か」と大騒ぎするネット民に猛反論!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!