「なつぞら」広瀬すずの相手役候補に麒麟・川島明が急浮上!傷心を癒す“男前すぎる”神対応に視聴者もメロメロ

編集部

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」は、17日から第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」が放送中。朝ドラの見所としては主人公の成長ストーリーもあるが、やはり恋のロマンスも気になるところ。
そんななか、19日の放送回ではお笑いコンビ麒麟・川島明の扮する人物が、ヒロインの相手役になる可能性が急浮上。イケメンキャストが揃う同作に、まさかの人物が風雲急を告げる。

 19日の放送回では、妹の消息を辿る手がかりを無くし傷心するヒロイン・なつ(広瀬すず)と、上司のアニメーター・下山(川島)とのやり取りがメインに。日々なつのコーディネートをスケッチしている下山がなつの異変に気付き、前職が警察官の下山は「本官に話して楽になれ!」と冗談交じりに話しかけ、警察官時代の失職を顧みない“お人好し”なエピソードを披露。

「なつぞら」広瀬すずの相手役候補に麒麟・川島明が急浮上!傷心を癒す“男前すぎる”神対応に視聴者もメロメロのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!