少女時代テヨン「うつ病」も「SNSやめたら」の声

編集部

 「熱狂的なファン」と「熱心なアンチ」は紙一重かもしれない。

 アイドルグループ「少女時代」のテヨンが17日、自身のInstagramで「うつ病」を患っていることを告白した。SNSなどWeb上での活動がここ2週間ほど止まっていたテヨンだが、その理由は悪質な書き込みによって精神を病んでしまったからのようだ。
アイドルとファンがつながるために利用されることの多いSNSだが、SNSでアイドルがファンの言動で傷ついているのでは本末転倒ではないだろうか。

 少女時代は韓国発の女性アイドルグループ。2010年には日本でもCDデビューして人気を博すと、翌2011年には「NHK紅白歌合戦」にも出場し大きな話題となった。
韓国国内だけでなく日本をはじめ全世界で高い人気を誇る少女時代だが、その中でもテヨンはリーダーとしてグループを牽引する中心メンバーだ。テヨンはソロアーティストとしても活躍し、今年4~5月には日本国内でのソロコンサートツアーも成功させている。

少女時代テヨン「うつ病」も「SNSやめたら」の声のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!