雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮が「ギャラはもらっていない」と主張している、大規模詐欺グループの闇営業問題。18日発売の「フラッシュ」(光文社)では、詐欺グループの“金庫番”を務めていた男性による「前払いで入江さんのM銀行に300万円を振り込みました」などの証言を掲載している。

 この男性いわく300万円の内訳は、宮迫が100万、仲介役のカラテカ・入江慎也が30万円、その他の芸人が170万円。6日に入江がTwitterで公開した謝罪文には、詐欺グループとのやり取りは「知り合いの広告代理店の方」を挟んでいたと主張しているが、金庫番の男性は入江とギャラ交渉を含め何度も打ち合わせを行ったと証言。
 さらに、入江が詐欺グループの闇営業に10回以上も参加していたことを暴露しており、その様子の写真も掲載されている。

 「同誌の内容が事実ならば、宮迫ら芸人は大嘘をつき、世間を欺いていることに。ネット上では、もはやギャラを受け取ったか否かではなく、闇営業のギャラを税務署に申告したかどうかというほうに関心が移っている。特に“闇ブローカー”疑惑の入江は常習の可能性が高いため、税務署もマークしているでしょう」(記者)

「俺が300万円振り込んだ」証言で宮迫博之が完全終了! ディズニー声優、『行列~』降板は決定的のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!