ミスチル・桜井和寿10億円の豪邸完成も、ご近所付き合いに黄信号?の画像1

 

 有名人の住宅トラブルというと、楳図かずお以来だろうか。

 東京・世田谷区に“10億円豪邸”を建てた「Mr.Children」のボーカル兼ギタリスト・桜井和寿の“ご近所付き合い”が難航している。14日発売の写真週刊誌「フライデー」がそう報じた。日本を代表するアーティストの自宅だけにプライバシーの保護に重点を置いた設計となっているが、その設計による外壁や屋上に対して近隣住民から苦情が出てきているようだ。

 桜井の豪邸が完成したのは昨年夏。都内の高級住宅地で200坪以上の敷地に地上2階・地下1階の邸宅を構え、庭にはプール、地下にはスタジオも備えているという。不動産業者も「総工費は10億円以上」と見積もる充実の設備に、こだわりを感じるデザインの門扉もあいまって、まさに「セレブの豪邸」と言わんばかりの存在感だ。さらに引っ越してきた際には、桜井本人が妻子を連れて近所への挨拶回りを行っていた。手土産には高級果物屋「千疋屋」のメロンを持ってきていたといい、富裕層の財力を窺わせている。

ミスチル・桜井和寿10億円の豪邸完成も、“ご近所付き合い”に黄信号?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!