元AKB48の小林香菜が、11日に放送されたバラエティ番組『ロンドンハーツ 元AKB48だらけの大運動会』(テレビ朝日系)内で、現役アイドル時代から合計で10回以上の整形を繰り返したことを告白。ファンの間に衝撃が広まるとともに、「大失敗」と切り捨てた西野未姫に対して批判の声が集中する事態となった。

 「小林は、『キレイな横顔に見せたくて、顎を前に出しているんです』とカミングアウトし、『今が完成形です』とドヤ顔をして見せたのですが、これに対して西野は、『横顔がまじでヤバイです。大失敗の顎』と本気のトーンで否定。
 小林はAKB48の2期生で現在28歳、西野は14期生で20歳とキャリアや年齢差があるだけに、『先輩に向かってあの口調はダメだろ』『西野はお笑いのプロレスができてない』などとネット上が荒れてしまったようですね」(芸能関係者)

 デビュー時からの変化の大きさは西野も負けず劣らずで、13歳の頃は渡辺麻友に似た美少女だったため、「第2のまゆゆ」の愛称で親しまれたが、現在は完全にバラエティ寄りになり、オーバーリアクションな芸風は事務所の先輩・鈴木奈々の二番煎じ状態。
 しかしオファーは引きも切らず、この日の放送では、プチブレークで天狗になっていることを同期の橋本耀と前田美月から暴露される一幕もあった。

西野未姫、AKB48先輩の整形告白に「大失敗」発言で炎上 “第2の鈴木奈々”化で天狗に?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!