昨年8月に芸能界引退が報じられたフリーアナウンサー小林麻耶が10日、生島ヒロシが会長を務める「生島企画室」に所属して、芸能活動を再開することを発表。同事務所には優木まおみらが在籍。

 午後1時にブログを更新した小林は「このたび、生島企画室に所属する運びとなりました。事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした。
 生島ヒロシさんの著書『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』p122では悲しみを忘れたことはないし、悲しみが癒えることはきっとない。でも、残された僕たちは、突然人生の幕を下ろされてしまった彼らの命も背負って、全力で生きていく。と、書かれてありました。生島企画室で仕事再開出来ること感謝致します」などとコメントしている。

 昨年7月に整体師の國光吟氏と結婚したのを機に所属事務所を退社していたのだが、1年後に復帰となった。

 「ネット上では『そっとしておいて下さいと言ってたのでそっとしといたのに』『精神面が回復していなさそう』『旦那の稼ぎでは不安になったか』などなど、これまでの小林さんの言動の真逆の動きに驚きと困惑の声が相次いでいます。

 もともと引退後もメディアをちょくちょく騒がせていた小林さん。それだけに『っやっぱりそうなるか』という感じだが……需要はあるのでしょうか」(記者)

 一貫性がないのだけは確かだ。

小林麻耶「即復帰」引退するする詐欺の結末に「精神大丈夫?」「需要ない」の声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!