入江慎也闇営業報道で明るみ、お笑い芸人の契約事情の画像1
 カラテカの入江慎也が、反社会勢力の忘年会の闇営業を仲介していたとして所属の吉本興業を契約解除をなった。この報道を受け、7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でハリセンボンの近藤春菜が「会社と契約書を交わしたことがない」と話した。これは、芸人と会社の関係があいまいなことで、今回の問題が起きたと見ることもできそうだ。
「ハリセンボンの近藤春菜は、吉本興業の芸人養成所であるNSC出身です。NSC生は、卒業公演が初舞台とカウントされ、そこがプロデビューとなります。以降は舞台などに立ちながら芸人修行を積みます。給料は完全歩合制で、舞台一回につきいくらといった扱いなので、契約書はかわされないのかもしれません」(業界関係者)
 吉本興業に限らず、芸能人、特に芸人は事務所との契約があいまいなパターンが多い。給料制の場合は会社員に近いといえるが、歩合制の場合はなおさらだろう。
「芸人の世界には『預かり』というシステムがあります。これは事務所の本所属ではないものの、事務所がマネジメントを行う状態ですね。いわば仮契約、お試し期間といったものでしょう。さらに、芸人の弟子として付き人や運転手をする人間もいます。こちらは『ボーヤ』と呼ばれており、事務所とは別に師匠から小遣いが出るといったこともありますね」(前出・同)
 一部報道によれば、入江が仲介した芸人たちはノーギャラでその場を盛り上げたといういわば友人の結婚式に出てサービスで余興をやるような感覚だったのかもしれない。もともと、プライベートと仕事の境目があいまいな仕事ではあろうが、近藤が提案したように事務所はきちっと芸人の仕事の内容を精査、管理する必要もあるかもしれない。(文=相川ナロウ)

入江慎也闇営業報道で明るみ、お笑い芸人の契約事情のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!