振り込め詐欺集団への「闇営業仲介」が発覚し、吉本興業と契約解消になったカラテカ入江慎也。

 入江は2015年、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らをそのグループの忘年会に出席させ、芸をさせた。その仲介に携わったことが今回の契約解消につながった。

 吉本を通さず仲介をした時点でアウトだが、さらにそれが反社会的勢力となれば、それはやはり看過できない。吉本興業は入江に聞き取りをしたところ、仲介の事実を認めたため、「吉本興業および所属芸人のブランドを著しく傷つけた」「うちの会社は、絶対に反社会的組織との交流は許さない」と厳しい姿勢と処置をとった形である。

 とりあえず吉本側としては、これで「問題解決」といえるかもしれない。ただ、入江自身は今後も何かしらの報道がなされる可能性は十分にある。

入江慎也「逮捕」も……確信犯「闇ブローカー」状態でさらなる反社会的スキャンダルも間近のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!