有村藍里、整形で自信を得た満開の笑みに絶賛の声 “アップデート”を不安視も

編集部

 女優でモデルの有村藍里が、27日に発売された青年誌「週刊プレイボーイ」(集英社)の裏表紙&裏巻頭グラビアに登場。口元の整形によってコンプレックスから解放された満面の笑みに対して、「自信がみなぎってる」「内面からの美しさが増した」など絶賛の声が集った。

 2015年に“有村架純の姉”と世間バレした際、ネット上で受けた「口元が(出てて)残念」という中傷によってコンプレックスを抱いてしまったという有村。整形することを決心し、その時の模様が今年3月3日に放送されたドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で流れたことによって大きな反響を呼んだ。

 「同番組でも語りましたが、以前の有村はグラビア撮影時に口元を隠すのがクセになっていたとのこと。しかし、『ひとつコンプレックスがなくなるだけで、世界はこんなにも明るかったんだ』と、整形によって前向きになれたようで、内面からの変化は今回のグラビアの笑顔にも表れています。
勇気を出して一歩踏み出したことによって仕事のオファーが急増と、すべてがプラスに働いたようですね」(芸能関係者)

有村藍里、整形で自信を得た満開の笑みに絶賛の声 “アップデート”を不安視ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!