田口淳之介逮捕の余波は「リーガルハイ」にも及ぶ可能性が!ピエール瀧の前例があるだけに、ファンは配信・流通停止を恐れる

編集部

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー・田口淳之介が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された衝撃的なニュース。薬物問題に揺れる芸能界において、またひとり、影響力の大きい人気者がファンの期待を裏切る結果となってしまった。
しかし、田口逮捕のニュースを嘆いているのはファンだけではない。過去に田口が出演した“映像作品”の閲覧ができなくなる可能性があることから、多方面のエンタメファンが不安に陥っている。

 田口は 1999 年にジャニーズ事務所に入所して以来、かつて所属していた KAT-TUN としてのアーティスト活動をメインとしていた。その一方で、甘いルックスとおっとりしたキャラクターを活かし役者としてもゴールデンドラマを中心に出演していた過去がある。
代表的な出演作品としては、堺雅人・新垣結衣主演のドラマ「リーガル・ハイシリーズ(フジテレビ系)」だろう。続編とスペシャル版含めて4作品が制作・放送され、2013年に放送された「リーガルハイ(シーズン2)」の第1話は最高視聴率21.2%を記録。

 その人気ぶりから現在でも熱狂的なファンは多く続編を希望する声も寄せられており、昨年には脚本家・古沢良太が「コンフィデンスマンJP」の副音声企画で「またやりたい」と続編への意欲をのぞかせるなど、シーズン3はたまた劇場版へのボルテージは上がっているところだった。
そんななかでの、出演者・田口の逮捕。堺・新垣に次ぐ、作中のレギュラーかつ重要な役どころなだけに、田口がドラマの世界感を醸すスパイスになっていたことは間違いない。仮に続編が決まったとしても『田口の代役は誰だ?』と本編以外での話題がでることが予想され、制作・放送サイドとしては避けるのがベターだろう。

 さらにリーガルハイファンにとって悩ましいのは過去制作の去就だろう。ネット上での閲覧、販売流通停止ともなれば、予期せぬかたちでの『リーガル・ロス』が起きてしまう。ピエール瀧の前例があるだけに、ファンにとってはヒヤヒヤな日が続きそうだ。

田口淳之介逮捕の余波は「リーガルハイ」にも及ぶ可能性が!ピエール瀧の前例があるだけに、ファンは配信・流通停止を恐れるのページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!