日向坂46、オードリーの指南で『キン肉マン』仕事ゲット 「女房を質に入れて」握手会に参加するファン続出?

編集部

日向坂46、オードリーの指南で『キン肉マン』仕事ゲット 「女房を質に入れて」握手会に参加するファン続出?の画像1

 アイドルグループ・日向坂46の松田好花が、20日発売の青年誌「週刊プレイボーイ」(集英社)のインタビューページに登場。今年で連載40周年を迎えた人気コミック『キン肉マン』(同)の特集記事に呼ばれたカタチだが、ファンの間では祝福とともに、お笑いコンビ・オードリー(春日俊彰&若林正恭)への感謝の声が飛び交うこととなった。

 日向坂46は、冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)内で、同コミックをこよなく愛するオードリーの2人からレクチャーを受け精通するように。その講義の模様が流れた今年2月の放送回は、嶋田隆司&中井義則による原作ユニット・ゆでたまごの2人にも伝わり、3月に発売された『キン肉マン 66巻』(同)の帯に番組の写真が掲載されて話題になった。

 「日向坂46のメンバーは、前身番組『ひらがな推し』(同)がスタートした1年前、『キン肉マン』ネタを推すオードリーに対して戸惑い気味でした。しかし、40周年のメモリアルイヤーに関連仕事がくることを若林から説かれたとのことで、松田は今回のインタビュー内で、『オードリーさんの予言が的中して本当に良かったです』と感謝の気持ちを口にしました。
また、同誌ではオードリーの2人がゆでたまごの仕事場を訪れて初対談する記事も掲載されたため、ファンから祝福の声が殺到したようですね」(芸能関係者)

 松田はインタビュー内で、同コミックに出てくるセリフにちなみ、「ファンが“女房を質に入れて”握手会に来てくれるようになりました!」と語ったが、冠番組を通じて通常のアイドルとは違うファン層を開拓している様子だ。

 「同番組には、オードリーが『キン肉マン』愛を語り続けてきたラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)の小ネタがふんだんに盛り込まれているため、そのリスナーが日向坂46の握手会に参加するようになっているようですね。
また、今回の特集記事に松田が参加したことによって、同コミックのファンが興味を抱くことも考えられます。ももいろクローバーZが、マネージャーの意向でプロレスの小ネタを演出に取り入れたことにより、従来のアイドルとは異なる支持層をゲットしたように、日向坂46も多方面から注目を集めるグループへと成長していくことになるのではないでしょうか」(同)

 先月23日に発売された女性ファッション誌「Ray」((主婦の友社)では、日向坂46のキャプテンで同誌の専属モデルを務める佐々木久美が、着回し企画内でオードリー直伝の『キン肉マン』たとえツッコミを披露。連載40周年にして同コミックもファン層を急拡大することが予想される。

日向坂46、オードリーの指南で『キン肉マン』仕事ゲット 「女房を質に入れて」握手会に参加するファン続出?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!