モデルの宮本りえが、15日にオフィシャルブログで第一子妊娠を報告した。だが、これを「宮沢りえ」と勘違いする人間が相次ぎ、ブログのアクセス数が殺到してしまったという。

 宮沢りえは18年にV6の森田剛と再婚している。同時に当時45歳だった宮沢が、妊活にはげんでいるとも一部メディアでは報じられていただけに、「空目」が相次いだのだろう。

 宮本りえにしてみればとんだとばっちりといえるが、こうしたケースはほかにもある。

「音楽ユニットのスキマスイッチが、15年にライブ先の秋田で訪れた料理店で、名物の『ハタハタ』を2人で1匹しか食べられなかったとライブMCでお店の実名をあげて批判したのです。これを受け店側が、開店時間の延長など無理な要求を受けたと反論し炎上したのです。これに対し、スキマスイッチに非難が殺到し、オフィシャルサイトで謝罪文を出す騒ぎとなりました。さらに彼らと見た目が似ているお笑いコンビのトータルテンボスのSNSに批判を書き込むネットユーザーもいました。アフロと痩せ型の男性といった並びは確かに似ていますがとばっちりでしょう」(業界関係者)

 さらに、今はテレビで見る機会はほとんどなくなってしまった、あのピン芸人もとばっちりを受けている。

宮本りえ、妊娠報道でとばっちり! 同様のケースはほかにも?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!